明徳通宝、大正通宝、広和通宝、永定通宝、光宝通宝

  莫朝(Mạc Dynasty)1527-1592


莫登庸は黎朝を倒し莫朝を立てました。しかし徐々に黎朝が復活して来ます。

復活した黎朝とは後黎朝の事です。莫朝の最後は「鄭氏の後黎朝」に追いやられます。


明徳通宝〜広和通宝までは黎朝時代の形態を踏襲していますな?

書体も同じなので書家の人も同じ人なのか? 拉致したんでしょうか?

鋳造技術者とともに支配下に置かれたのでしょう。

しかし、永定通宝以降は非常にボロくなります。鋳造技術者が逃げたか亡くなったか?



明徳通宝Minh Đức Thông Bảo1527-1529

莫登庸(Mạc Đăng Dung)1527-1529の時代。 西山朝の明徳通宝は背に記号があります。


左は闊縁大様。

右は正様。


Barker #45.1       Barker #45.2 





大正通宝Đại Chính Thông Bảo1530-1540

莫登嬴(Mạc Đăng Doanh)1530-1540の時代。


左は広郭ですな。

真中、左のものと比べると若干小さいですが同じか? そしてボケ字。分類不能。(爆)

右は細縁で「大正」の文字が縦長です。

(2018.06.12 真中を追加。)


Barker #47.1       Barker #47.1?      Barker #47.6 






広和通宝Quảng Hòa Thông Bảo1540-1546

莫福海(Mạc Phúc Hải)1540-1546の時代。


左は正字のタイプ。

真中は「宝」が小さいタイプ。

右は篆書の安法手です。莫朝の後、莫氏の時代以降になりますが、

  他の安法手とは少し違う感じがします。短宝であり長冠の形が丸いです。

  広郭で整った形です。もしかすると本当に莫氏の時代という可能性も無きにしも非ず?


Barker #48.1      Barker #48.2     Barker #48.3 

(2016.12.04 真中の銭を追加。)





永定通宝Vĩnh Định Thông Bảo1547

莫福源(Mạc Phúc Nguyên)1546-1561の時代。莫宣宗とも称します。

「鄭氏の後黎朝」と紛争中です。


これは永定手ですな。ボロいです。

この銭の形態は後の莫氏になってからもカオバン省で作られます。開建通宝などですな。


Barker #49.1 







光宝通宝Quang Bảo Thông Bảo1554-1561

こちらも莫福源(Mạc Phúc Nguyên)1546-1561の時代。


下図の物はどうでしょう? Barker先生の書籍に掲載されている物より太字で別版です。

Barker先生のサイトにも公開されており、これが本物なら★★★の評価でしょう。

市場でも見掛けませんし、けっこう似た雰囲気もありますが、う〜んいかがでしょう?

簡単には信じられませんな。(爆)


Barker #51)不明







真贋は永遠の謎。

→明朝占領、独立戦争期の最初に戻る

→莫氏へ行く