元和通宝  後黎朝(Lê Kings Restored)1533-1573

嘉泰通宝、永寿通宝、景治通宝、永治通宝、永治元宝、永治之宝、正和通宝、

 永盛通宝、保泰通宝   後黎朝(Lê Kings under the Trịnh)1573-1788


1573年に鄭松(Trịnh Tùng)が裏で実権を握った事から時代を分けている様です。

鄭松の力によって莫朝を倒したんですからしょうがないですな。(爆)

Lê Kings under the Trịnh つまり「鄭氏の下での黎朝」と言う訳です。

同じ時代には広南阮氏が別に領地を構えていました。敵同士ですな。





元和通宝Nguyên Hòa Thông Bảo)1533-1548

黎荘宗(Lê Trang Tông)1533-1548の時代。


明宋手に似ているというご指摘を目にする事が多いです。何らかの関係があるかも知れません。


Barker #58.1 





嘉泰通宝Gia Thái Thông Bảo)1573-1577

黎世宗(Lê Thế Tông)1573-1599の時代。鄭氏が実権を握った以降です。


下図の物は長足宝。 南宋の嘉泰通宝に似ています。


Barker #59.1 





永寿通宝Vĩnh Thọ Thông Bảo)1658-1661

黎神宗(Lê Thần Tông)1619-1643,1649-1662の時代。


細分類につきましては怪しんで見て下さい。けっこう細分類が判りません。(爆)

左はコ頭通、広穿狭字っぽい。

真中もコ頭通、広穿仰通。

右はマ頭通、長永小頭通。


Barker #60.15       Barker #60.2      Barker #60.11 


左はマ頭通、長永。

真中は結永八宝? 月亭八方では無さそうです。(爆)

右は行書ですな。


Barker #60.25      Barker #60.33      Barker #60.38 







景治通宝Cảnh Trị Thông Bảo)1663-1671

黎玄宗(Lê Huyền Tông)1663-1671の時代。


亜鉛銭です。祥宋手に分類されています。

(2017.04.11 追加。)

Barker #61.1 



砂鑞という用語もありますが、砂鑞が亜鉛合金がどうか調べてみても不明でした。

冶金の関連を調べても別種の合金の様で、古銭用語だけに登場する所も怪しい。(爆)

ピュタールとかピュータルは英語のピューター? 不明です。蘭語とか独語の訛り?

ピューター合金の組成は錫、鉛、銅、アンチモン、ビスマスなどで亜鉛は含まれない様です。

まあ上図の銭も亜鉛(Zn)ベースの鉛(Pb)や錫(Sn)が含まれる合金としか書けません。

そういう訳で懐疑的な当方は自信が無いため砂鑞と呼べませんです。(爆)

亜鉛ダイカストの一種つまり、ちょ、超合金Znですよ!(爆)


安南歴代銭に初めて登場する祥宋手ですが、

Barker先生によると景治通宝など歴代銭の他にたくさんの民鋳銭(?)があるとの事。

景治通宝の後200年間に渡って作られたとの事です。

同じ銭銘でも書体が異なるものは歴代銭ではなく時代が異なる民鋳銭との事です。






永治通宝Vĩnh Trị Thông Bảo)1676-1680

永治元宝Vĩnh Trị Nguyên Bảo)1676-1680

永治之宝Vĩnh Trị Chi Bảo)1676-1680

正和通宝Chính Hòa Thông Bảo)1680-1705

黎煕宗(Lê Hy Tông)1676-1705の時代。

Barker先生の書籍では Lê Hi Tông となっており「煕」の表記が Hi となっています。

元号「永治」を調べますと Lê Hy Tông の時代と出ます。誤記?それとも両方OK?


下図2枚とも亜鉛銭、祥宋手です。

左は永治通宝のマ頭通ですな。光背です。

右は永治通宝のコ頭通です。光背です。

(2017.04.11 2枚を追加。)

Barker #62.1       Barker #62.2 





下図2枚とも亜鉛銭、祥宋手です。

左は永治元宝の普通のタイプ。光背です。

右も永治元宝ですが文字の癖が大きく異なります。背上月、背下星。民鋳銭と思われます。

(2017.04.11 2枚を追加。)

Barker #63.1       後の時代の民鋳銭





下図2枚とも亜鉛銭、祥宋手です。

左は永治之宝。よく観察しますと書体や筆跡が永盛通宝に似ている気もします。

右は正和通宝。時代ですが、永治通宝、永治元宝、永治之宝の後に作られたとの事。

(2017.04.11 右を追加。)

Barker #64.1       Barker #65.1 








永盛通宝Vĩnh Thịnh Thông Bảo)1706-1719

黎裕宗(Lê Dụ Tông)1706-1729の時代。


3枚とも背の左に「巳」とあります。

左は広郭っぽいですな。

真中は細字の分類と思います。左と比較すると穿が小さく永と宝も小さいですな。

右は寄郭っぽいですな。


Barker #66.2       Barker #66.2       Barker #66.2 

(2017.01.21 真中を追加。)







保泰通宝Bảo Thái Thông Bảo)1720-1729

同じく黎裕宗(Lê Dụ Tông)1706-1729の時代。


2枚とも判りにくいですが背の左が月で右には星があります。

左は痩字の背月星。ボロいですな。

右は普通品の背月星。ボロくない物は無いのかね?


Barker #67.4       Barker #67.5 


ボロい意味が何となく関連がありそうな紹符手の銭を追加しました。(2016.09.05)






真贋は永遠の謎。

→次のページ

 

莫氏.後黎

  1. 安法元宝、太平通宝

 太平聖宝、開建通宝

 正元通宝

  1. 元和通宝、嘉泰通宝

 永寿通宝、景治通宝

 永治通宝、元宝

 永治之宝、正和通宝

 永盛通宝、保泰通宝

  1. 景興通宝

  2. 景興諸銭

  3. 昭統通宝






目次 銭銘リスト

閲覧とご利用に関して